CASE STUDY

施工事例

トヨタ ランドクルーザー フロントフェンダーのヘコミ修理

施工前トヨタ ランドクルーザー施工前の画像
施工後トヨタ ランドクルーザー施工後の画像
車種
トヨタ ランドクルーザー
施工内容
フロントフェンダーのヘコミ修理

GARAGE TRUEからのコメント

見附市よりご来店いただきました。今回ご紹介するお車とヘコミの場所はこちらになります。

フロントフェンダーのプレスラインにかかるヘコミ修理でご入庫致しました。後程ご紹介致しますが、ここ以外にもヘコミが見つかり修理させていただきました。

ぱっと見で直ぐにわかってしまうレベルのヘコミができていました。大切にしているお車にこの様なヘコミができてしまってはもうかなりショックですね。
当店に来る前に最寄りの修理工場にてご相談されたようで、板金塗装のご説明を受けましたがオリジナルの塗装でなくなってしまう、色味の変化、フェンダーパネル以外にもボカシの為ドアまで塗られてしまうとのことでした。塗装面は特に問題がないのにそれではせっかくのオリジナルが…
そこで当店にご来店いただきました。もうその様な時はまさにデントリペア(Paintless Dent Repair/PDR)ですね!

それでは景色とリフレクターボードで確認します。

やはりガッツリへこんでいますね…サイズは約7㎝弱  ですが問題りません!リペアさせていただきました。

施工後になります。

最初にご説明しましたが、他にもヘコミが見つかり修理させて頂きました。ヘコミの場所は同パネル上になりますが、お客様ご自身では気が付かなかったようで…見えると見えてしまい…良かった?という感じもしましたがご依頼を受けましたので、しっかりとリペアさせていただきました。
いつもお客様からも実際にリフレクターボードで確認して見てもらっていますが、見えちゃうんですよ見えないところまで (^^;
そして、こちらのヘコミは写真の〇印のところまで影響していました。

施工前がこちらになります。景色では確認しずらいくらいですがボードでは違和感があるのがわかると思います。

施工後

ご利用いただきありがとうございました。

オリジナルの塗装を活かしたままでここまで目立たなくすることが可能なのが本来のデントリペアです。気になるヘコミが出来てしまったら、まずは一度お近くのライセンス認定専門店まで直接ご相談してみてください。

常に技術向上と最高の仕上がりを求め続ける職人でありたいと思っています。